今回は、グーグルボイス(Google Voice)は日本で使うことができるのか?そして、グーグルボイス購入のメリットとは?について解説しています。

Google Voiceを日本で使うことのメリットを把握して、ぜひここ日本で活用していきましょう。日本でGoogle Voiceを使用したいという方はぜひ、本記事をご参考にして下さい。

記事の最後にはGooglevoiceは日本で使えるものだという認識が得られると思います。Googlevoiceの購入をお考えであれば、申し込みフォームから簡単に購入できますので、ぜひご検討ください!

グーグルボイス(Google Voice)アカウントを日本で使うメリットは?

Twitterなど各種SNSのSMS認証をクリアできる

グーグルボイス (Google Voice)アカウントとは、アメリカやカナダなど北米向けに展開されている電話サービスで、無料の電話番号を持つことができるグーグルが展開するサービスです。

あくまでもGoogle Voiceは北米向けに展開されているサービスで、日本では未導入だということを理解しておきましょう。

日本で電話番号を持つためには、毎月のコストが発生したり、通信事業者と契約手続きをしなければならなかったりと、何かと面倒ではないかと思います。

ツイッターやインスタグラムのアカウントを複数持ちたいけど、電話番号がネック…。

そんな声にお応えするのがグーグルボイスアカウントです。

グーグルボイスアカウントを使うことで、TwitterなどのSNSのアカウント登録に必要なSMSの認証をあっさりクリアすることができるのです。

これが、Google Voiceを購入する何よりのメリットです。

基本的に料金はかからない

Google Voiceを日本で使って、SMS認証するために料金は発生するのか?

そういう問い合わせを多くいただきますが、SMS認証するだけならば一切費用は発生しません。

これもグーグルボイスを購入するメリットの一つですね。

ただし、日本で使う場合には別途VPNというサービスを契約しなければ安定的には使用できませんのでそれだけ覚えておきましょう。(VPNについては後述します)

グーグルボイス(Google Voice)アカウント購入のデメリットは?

日本のIPアドレスで使用すると使えなくなる

グーグルボイスアカウントのデメリットをお伝えします。

Google Voiceはあくまでも、北米向けのサービスですので、日本のIPアドレスからログインすることで番号が使えなくなるなどの危険性があります。

従って、日本でGoogle Voiceを使うためには、Google Voiceを購入前に、VPNサーバーを用意する(といってもすごく簡単)必要があり、初心者には少し手が出しずらいというところでしょう。

VPNを用意してアメリカのIPアドレスを経由してグーグルボイスにアクセスすることで、日本でもGoogle Voiceを使うことができるようになります!

VPNでのおすすめはNordVPN.comというものになります。こちら安全性・コスト面・回線スピードの3点で最も高い評価を受けているサービスです。

Google Voiceアカウント販売店では、ご購入のお客様全員に対して、無料でのサポートを行っており、もちろんVPNの導入サポートもしっかり致しますので、安心してお買い求めいただけます。

また、グーグルボイスはSNSで認証を受けるだけならば基本的にコストがかかりません。

Google Voiceは高い?

他店では1アカウント500円以上するところもあり、非常に高価となっております。

「グーグルボイスって高いよね…」という印象をお持ちの方も少なくありませんね。

そこで、Google Voiceアカウント販売店では、他店の価格調査も実施済みで、どこよりもグーグルボイスアカウントを購入しやすい最安価格を設定しています。

他社と比較して、日本一安いGoogle Voiceの価格を設定しています。(価格の比較記事はこちら

弊店では、1アカウント当たり400円。更に30アカウント以上では380円と更にお求めやすい価格を設定しています。

価格やサービス概要については、以下ご覧ください。

グーグルボイスのご購入をお考えであれば、ぜひ当店でのご購入をおすすめします!グーグルボイスを日本で使うためのサポートもしっかりさせていただきますので、ぜひご検討下さい。

Google Voiceを日本で使うことができるの? 使い方は?

Google Voiceは日本で使えるの?

繰り返しになりますが、グーグルボイス(Google Voice)は日本に導入されていないサービスで北米でしか使用できません。

ただし、上記でお伝えした通り、2020年現在も条件を満たせばGoogle Voiceを日本で使うことができます。(VPNでアメリカのサーバに必要があることを頭に入れておいてください。)

Google Voiceを日本で使う方法

Google Voiceを日本で使う方法を押さえておきましょう!

まず、SMS認証での活用シーンがほとんどだと思いますが、その場合は非常に簡単です。

グーグルボイスをご購入したら、弊店よりGmailとパスワード、そしてグーグルボイスナンバーをエクセルファイルにて送付します。

このグーグルボイスナンバーをツイッターなど各SNSの登録時にインプットして、あとはGmail経由でSMS認証コードを取得するだけ!(グーグルボイスナンバー登録時の国コードは+1のアメリカになります。)

まとめると、グーグルボイスにおける認証方法は以下になります。

  1. グーグルボイスを購入してGmailとグーグルボイスナンバーを得る
  2. SMS認証用の電話番号としてグーグルボイスナンバーをインプットする
  3. GmailにてSMS認証コードを受け取る(グーグルボイスにアクセスする必要はない)
  4. SMS認証クリア!

ぜひ、Google Voiceを日本で使う方法を押さえてうまく活用しましょう。

特にグーグルボイスをツイッター認証するための方法や注意点については、ご購入頂いた後にサポートさせていただきます。購入後の問い合わせやアドバイスなども基本的には無料で行っております。

とりあえず、Google Voiceを日本で使うための方法を詳しく以下で見ていきましょう。

Google Voiceを日本で実際に使ってみよう

それではGoogleVoiceを日本で実際に使う手順をTwitterアカウントの作成を例にして、細かく説明していきます。ぜひ参考にしてください。

1.日本で使うためにまずはVPNに接続

Google Voiceを日本で使うために、まずはVPNに接続しましょう。今回は、
NordVPN.comの画面を例に説明します。

まずGoogleアカウントにログインする前に、アメリカのIPサーバーに接続します。

NordVPNアメリカへ接続

上記がNordVPNの画面です。左下の「United States(アメリカ)」サーバーをダブルクリックすれば、あなたのIPアドレスは、アメリカサーバーを経由してインターネットの送受信を行うことができるようになります。

毎回同じアメリカのIPアドレスに接続したい!という方は、「United States」の隣にある「…」をクリックすれば、接続したいサーバーを選択できます。

まずはRegion(地域)を選択します。

続いて、Servr(サーバー)を選択していきます。

この様にして、毎回同じサーバーから接続することが可能となります。ログインすると決めたサーバーの#ナンバーは控えておきましょう。

TwitterとGoogleアカウントをログインする際のIPアドレスを同じにすると、かなり作業が楽になります。従って、毎回同じIPアドレスで、Twitter及びGoogleアカウントにログインしていきましょう。

2.Twitterを登録してみよう

VPNでアメリカのサーバーに接続したら、次はTwitterにアクセスしていきましょう。

Twitter登録

Google Voiceの電話番号を+1付でインプットします。+1はアメリカの国番号となります。

SMS認証コードが送付されたら次は、Gmailにアクセスします。

Google Voice付のGmailでは、以下のようにGmailにTwitterの認証コードが届きます。(Google Voiceに届いているメッセージはGmailにも転送されているので、わざわざGoogle Voiceにアクセスする必要がありません。)

あとはこの認証コードをTwitterにインプットして、アカウントを作成できます。

IPアドレス以外に注意することは?

IPアドレス以外にも、GoogleやTwitterはキャッシュやCookieを監視しています。

従って、過去にTwitterやGoogleにログインした履歴を残したまま新規アカウントを作成したり、ログインしたりすると凍結対象となってしまいます。

そこで、過去のキャッシュやCookieを残さずに、アカウント毎にキャッシュやCookieを管理する方法として、Google Chromeの機能を使いましょう。

まずは上記のように、Google Chromeの右上にあるユーザーボタンをクリックし、「追加」というボタンをクリックしましょう。

「追加」をクリックすれば、新たにユーザーが追加されます。

この状態で、TwitterやGoogleにログインすれば、過去のキャッシュは残らず、かつ新しいキャッシュをため込むことができるので、凍結対策にもなるのです。

おすすめのVPNサービスは?

グーグルボイス(Google Voice)を日本で使うためにはVPNの契約が必須だということをご理解いただけたのではないかと思います。

次に、Google Voiceアカウント販売店でよく聞かれるのが、「VPNのおすすめは?」というもの。

VPNを使えばGoogle Voiceが日本で使えることは分かったけど、どのVPNを選んだらいいか分からない…というものです。

VPNに接続すると、VPNサーバー介してネットの送受信を行うため、無料の怪しいVPNを使うと、あなたの個人情報を抜き取られるという危険性があります。従って、VPNは必ず大手で安全が保障されたものを使うようにしましょう。

無料のVPNは、相当なリスクを伴います。

そこで当店の一番のおすすめはNordVPN.comです。

NordVPN.comは、有料VPNの中でもトップクラスのユーザー数を誇っています。

その理由として、軍事レベルの暗号化を売りにしており、徹底してプライバシー保護に努めているサービスという点で支持を得られています。また、圧倒的なサーバー数を誇っており、回線が混雑するということもありません。

長期で契約することでかなりコストを安く抑えられるサービス(月300円程度)なので、セキュリティ面でもコスト面でも一番おすすめできるサービスです。Google Voiceを日本で運用するならば必要なツールです。

NordVPNは海外のサービスですが、ホームページは2020年現在、日本語化されており、初心者でも導入しやすいツールです。

NordVPN.comは登録から30日間無料なので、まずは試して見るというのも良いでしょう。

いずれにしてもTwitter等でSNSを駆使してマーケティングやアフィリエイトをするならば、間違いなく有料登録することをおすすめします。

グーグルボイスアカウントを購入するには?

グーグルボイスアカウントを弊店で購入するには以下の申請フォーマットから、申請をお願いします。

弊店は他店の価格調査を実施しており、どこよりもお安くお求めいただけます。

また、無料での導入サポートも実施していますので、初心者の方も安心してお買い求めください。

また、ラインの公式アカウントからもオーダーが可能となりましたので、こちらもご活用ください。

友だち追加